住友信託銀行 津田沼支店

「谷津干潟の生きもの写真展」
開催のお知らせ

住友信託銀行 津田沼支店では、CSR活動※1の一環として谷津干潟のクリーン活動への参加を行ってまいりました。 この度、谷津干潟自然観察センター様のご協力をいただき、「谷津干潟の生きもの写真展」をロビーにて開催いたします。

※1「CSR活動」 英記:CSR(corporate social responsibility) 企業の社会的責任

「谷津干潟の生きもの写真展」

2010年7月23日(金)〜8月27日(金)9:00〜15:00 住友信託銀行津田沼支店内ロビー

--足を折り曲げているセイタカシギ、子育て真っ最中です--

谷津干潟はご高承の通り、「ラムサール条約」※2にも登録されている、水鳥たちにとって大切な湿地であり、生物多様性を守る重要な地球環境のひとつです。

東京湾の最奥部に残された約40haの干潟で、年間を通じて観察できる野鳥の種類は、約100種。そのうち、水鳥類が約60種にもなります。
シベリアなどからの北の国と、東南アジアやオーストラリアなどからの、南の国を行き来する旅鳥にとっては、渡りの途中の中継地とし大変重要な場所となっています。
また、子育てのためにやってくる夏鳥、越冬のためにやってくる冬鳥、そして春と秋の渡りの途中に立ち寄る旅鳥と、四季を通してたくさんの野鳥の重要な拠点です。

この写真展を通じて、谷津干潟の自然やそこで生活している生き物のすばらしさを再発見していただけましたら、幸いです。
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りの上、御覧下さいますようお願い申し上げます。

※2「ラムサール条約」
正式名称を「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」といい、1971年にイランの地方都市ラムサールにて締結されたことから、通称「ラムサール条約」と呼ばれています。

Copyright (C) 船橋市前原商店会. All Rights Reserved
inserted by FC2 system