「船橋市東部公民館」

2009年「福祉まつり」

地元ではすっかりおなじみ、第六回前原地区「福祉まつり」が10月25日(日)午前10時〜午後2時(開会式 午前9:30)の日程で東部公民館 にて開催されました。
近郊のバザーなどが中止に追い込まれるなか、自治会の協力などで実施とのこと。スタンプラリーで記念品プレゼントもありました。

テーマは「支え合う心と気持ちで明るい前原」

テーマゾーンでは「AED体験や体力測定」の他に、応急手当を体験したり、

介護用ベットや車いすの試乗などみなさん積極的に体験していました。

ふれあいゾーンでは「模擬店・遊ぼう・お話コーナー」など、屋外では杵と臼によるつきたて餅や「かき・リンゴ」などがおいしそうに並んでいます。

もちろん実演の「焼き鳥」「焼きそば」も、ありました。

遊ぼうコーナーの「吹き矢ブース」では「インフルエンザ対策に消毒に配慮しています」という説明もあり、さっそくチャレンジ!

腹式呼吸の要領でいざ、思いっきり息を吹くと円錐形の矢は「目にもとまらぬ早さで」的をはずしてくれました。威力は「紙コップもぶちぬく」というからびっくり。

折り紙コーナーやダーツ、輪投げも、ちびっこを楽しませてくれました。

「羽根っこゲーム」はふわふわの羽根付きコマを陣地に投げて得点を競うゲーム。

「意外と奥深いねぇ」楽しんでいたファミリーをぱちり。

お土産には「あくあ」のみんなが心を込めて焼いてくれた「ミニパウンドケーキ」抹茶ミルクにメイプルナッツ、リンゴ。うーん、どれを頂くか迷っちゃいます。

「あくあ」では「年越しそば(乾麺)の配達」もしてくれるそうですよ。

Copyright (C) 船橋市前原商店会. All Rights Reserved
inserted by FC2 system